HOME

■【募集中】秋のさいはらを味わう一日: 伝統芸能「古在家神楽舞」を見よう!
IMGP3845

残暑の残る初秋9月、山梨県上野原市西原(さいはら)では、毎年「秋分の日」の頃に古くから伝わる無形民俗文化財の「神楽舞」が奉納されます。このお祭りが始まった時期は不明で、資料によると江戸時代中期(1764年頃)といわれますが、もっと以前からとの説もあります。この神楽舞は、もともと魔よけや豊作感謝の目的を持っていましたが、日頃、娯楽や慰安の少ない昔の暮らしにとって、年に一度の催しが唯一の楽しみともなっていました。

かつては早朝からの席取り、夜店での買い物など、とても賑やかな行事でしたが、少子高齢化・人口減少とともに段々と賑わいが減ってきてしまいました。また、継承者の不足、口頭や手真似による伝承という習得の難しさにより、いかに保存し、継承していくか大きな課題にもなっています。

何百年と続いてきている貴重な伝統芸能をより多くの方に見ていただく機会として、今回、秋のさいはらツアーを企画しました。地域のお祭りに参加できるまたとない機会に、ぜひとも西原にお越しください。

◆日時: 9月22日(木・祝) 11:30~ 23日(金)朝
◆場所: 山梨県上野原市西原
◆参加費: 4,000円(花代、昼食、夕食込み)
◆宿泊: 三頭山荘(山梨県上野原市西原5067)5,000円(朝食付き)
◆スケジュール
22日(木・祝)
11:30 びりゅう館 集合(山梨県上野原市西原6931) 
 受け付け、オリエンテーション
12:00 蕎麦打ち体験
12:30 昼食(びりゅう館の水車挽き、手打ち蕎麦に旬の野菜でつくる郷土料理)
13:30 「古在家神楽舞」の歴史と今について聞く(講師:山本八郎)
14:30 西原地区の案内、散策
16:00 休憩 ※民宿にチェックイン
17:30 お祭り会場に移動
18:00 開演(見ながら、飲みながら、お弁当で夕食)
   8演目(猿田、四本剣、鳥さし・・・)
幕間に地元住民による舞踊などもあります。
23:00閉幕
※ 車でお越しの方は途中退席で日帰りという形も可能です。
※ 民宿と会場の間は送迎いたします。
23日(金)
 朝食後に自由解散
◆持ち物
敷物、レジャーシート、防寒具(夜は冷え込みます。羽織るものと、ブランケットなどがあるといいかもしれません)飲み物(お祭りを見ながら飲みたいものをご持参ください。ビールやお酒は、びりゅう館で購入することも可能です。)
◆申込〆切: 9月15日(木)
◆参加申し込み&問い合わせ:
以下の事項をびりゅう館(biryukan@ubcnet.jp)まで送付ください。または、電話(0554-68-2100)にて申し込みください。
①氏名(漢字)、②氏名(フリカナ)、③現地までの交通手段、④住所、
⑤携帯電話番号、⑥メールアドレス
◆主催: NPO法人さいはら (担当:冨澤太郎)

■古民家再生ワークショップ、参加者募集中!
13268049_1613224532338176_256222408472359484_o13466260_959109034188256_738132870691902486_n
詳しくは、こちらから

■今年も月に一度は西原で!しごと塾さいはらに、参加しませんか?
11222244_841001152642762_4691876832306533413_n
詳しくはこちらから

■今年もJICA(国際協力機構)より受託した研修を行いました!■
7月20日(水)、21日(木)、26日(月)、27日(火)に、ミャンマー、ブータン、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ベリーズ、タンザニア、カルメーンなどから12名の方々が、それぞれの国や地域を良くするために、西原の方々に話しを聞き、地域の課題について考え、西原を歩いて学びました。

■移住定住促進事業、モデル地域になっています■
去年11月より上野原市から受託し、活動していいる移住定住促進事業では、空き家バンク登録のお願いや、移住希望者の受け入れをしています。
地域の皆様、西原や棡原の空き家情報探しております!質問などもお気軽にどうぞ!

移住に興味ある方は、移住コーディネーター長田(おさだ)容子宛てにお電話ください。
空き家をご紹介させていただきます。